加圧トレーニングで無理なくダイエット|高い効果を実感しよう

ストレッチ

効率の良いエネルギー供給

お腹

毛細血管に血液を

体は、血液によってエネルギーとなる栄養分の供給を受けています。血管が全身にあるのは、全身にエネルギー供給をするためなのです。しかしその血管の全てが使われているわけではありません。特に手足の末端にある毛細血管では血液が流れにくく、その分エネルギーの供給や、エネルギーによっておこなわれる筋肉の発達や脂肪の燃焼が滞りがちです。それを解消し、効率良くエネルギー供給をするためにおこなわれているのが、加圧トレーニングです。加圧トレーニングは、手足の付け根を縛ることで、体に血液が流れ込んでいくことをあえて抑えながらおこなうトレーニングです。そうすることで、行き場を失った血液が、手足の末端の毛細血管にも流れ込むようになります。すると、筋肉は発達しやすくなり、脂肪燃焼効果もしっかりと出てくるようになるのです。

縛る部分や強さ

ただし、加圧トレーニングで高い効果を得るためには、縛る部分を選ぶ必要があります。やみくもに縛るのではなく、手足から体への血流を、適度に抑えることができる場所を縛ることが大事なのです。もちろん縛る強さも、必要に応じて調節することになります。そのため慣れないうちは、スポーツジムなどでインストラクターの指導を受けながら、加圧トレーニングをする人が多いです。インストラクターなら適切な場所を適度な力で縛ってくれるので、加圧トレーニングの効果が出やすいのです。昨今では、加圧トレーニング用の、扱いやすいベルトも販売されるようになっています。そのため慣れてくると、そういったものを使うことで、自宅で自分一人で効果的に加圧トレーニングをすることも可能になってきます。